<   2005年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

byちかぽん

超私的2005年映画ランキング

もともと見てる映画が偏っている中のランキングなので、全然一般的ぢゃないと思いますが発表しちゃいま~す。

ノミネート作品:ちかぽんが2005年に劇場で見たマニアック厳選22作品

第5位 頭文字D
なんと言ってもあのスピード感!チカラ入れて必死に座席につかまってました。
続編期待度NO.1でございます。

第4位 カンフーハッスル
正月映画だったのでかなり印象薄くなってきてますが、あのバカバカしさに拍手!
こればっかりは好みなんだもの。しよーがない。

第3位 SAYURI
賛否両論なこの作品。
あのエキゾチック・ミステリアスJAPANはブレードランナーの強力わかもとくらいインパクト有。(わかる人にはわかる)
日本だけど、なんだか微妙に違うような・・・あっ、パラレルワールド?と一気にSFへ(笑)

第2位 SIN CITY
エロくてグロい。けど突き抜けてて映像が斬新で・・・劇画の世界に包まれた不思議な感覚。
カンフーハッスルにしてもこのSIN CITYにしても残酷シーン満載なんだけど、だんだん慣れてきた自分が恐い。
でもやっぱり女の子におススメできないかも。

第1位 コーラス
音楽だけで心揺さぶられるのに、あのモランジュ君の憂いをたたえた表情にヤラれます。
是非見て欲しい。これはおススメ!

奇跡の声。

その他、ALWAYS 三丁目の夕日マルチュク青春通りダニー・ザ・ドッグコンスタンティンも良かったけど、あくまで好みなのでご容赦を。
そしてネバーランドやチャーリーとチョコレート工場はやっぱり入ってこなかった・・・。
ごめんね。ジョニデ。
[PR]
 

byちかぽん by milla5 | 2005-12-25 20:37 | '05 cinema

一足はやくMerry Christmas♪

明日は24日。残念ながらホワイトクリスマスではなさそうです。
ちかぽんは今年もケーキ作る予定。
美味くできるかしら。ドキドキ。←母には「買ってきたショートケーキでいい」と言われたのでプレッシャー。

私の頭の中はただ今ロマンチックウインターソングがぐるぐる状態です。

粉雪
僕は君の全てなど知ってはいないだろう
それでも一億人から君を見つけたよ
根拠はないけど本気で思ってるんだ

粉雪 ねぇ 時に頼りなく心は揺れる
それでも僕は君のこと守り続けたい

粉雪 ねぇ 心まで白く染められたなら
二人の孤独を包んで空にかえすから


いつかのメリークリスマス
いつまでも手をつないで
いられるような気がしていた
何もかもがきらめいて
がむしゃらに夢を追いかけた

君がいなくなることを
はじめて怖いと思った
人を愛するということに
気がついた
いつかのメリークリスマス

皆様がステキなクリスマスイブを過ごせますように。
[PR]
 

byちかぽん by milla5 | 2005-12-23 22:37

香港国際警察 New Police Story

アジア銀行を襲った犯罪集団はわざと警察へ通報し、駆けつけた警察官をシューティングゲームのように撃ちまくってきた。
香港警察のエリート警部:チャン(成龍)は「3時間で解決します」と豪語し、精鋭部隊で敵のアジトに向かった。
しかし犯罪集団は巧妙に罠を張り巡らし、ひとり、又ひとりチャンの部下が倒されていく。
チャンはかろうじて生き延びたが部下はすべて殺されてしまった。

1年後。
部下を救えなかったチャンは生きる気力を失い、酒におぼれ、もはやエリート警部の面影はなかった。
そこへチャンの相棒として‘巡査1667’ことシウホン(謝霆鋒)という新米警官がやってくる。
シウホンはなんとかチャンに立ち直ってもらおうとする。
そこへ犯罪集団から香港警察へ新たな挑戦状がたたきつけられる。
c0019231_21215989.jpg

いやぁ面白かったぁ。
成龍、やっぱりハリウッドより香港かも。
壮絶な銃撃戦、高層ビルからロープ一本での降下、もちろんサシの功夫対決までアクション満載!
その上悪の描き方が単純ではなく、残忍なゲームヲタクの若者たちの中にもドラマを作っていてストーリーも練れてます。
今回成龍がたった一人のヒーローではなく、謝霆鋒がえらく格好いい。
そう、アクションもストーリーもキャストもバランスがとてもよくスムーズ。
成龍ひとり浮くこともなく、かといって物足りなくもない。
この作品、香港ではすごくヒットしたらしいけど、日本ではあまり聞かなかったなぁ。
プロモーションに問題アリ。
「私の頭の中の消しゴム」くらいこれでもか!と宣伝していただければ、、、。
(あのCM攻撃でなんとなく観にいってしまった人多いと思う。)

とりあえず、恋多き男?謝霆鋒。
ジェネックス・コップでは「まだまだお子ちゃまやん」と思ってたお姉さまも今回は「いい男ねぇ♡」と思いましたわん。
[PR]
 

byちかぽん by milla5 | 2005-12-23 21:50 | asian cinema

ターミナル

ビクター・ナボルスキー(トム・ハンクス)はニューヨークJFK国際空港に降り立った。
しかし入国審査でとめられてしまう。
彼の祖国:東欧のクラコウジアでクーデターが発生し、国が消滅状態。=パスポートが無効と判断されたのだ。

空港警備局主任のディクソンは彼の置かれた立場《入国も出国もできない》を説明するが、言葉のわからないビクターは‘名前’と‘行き先’と‘YES’を繰り返す。

この日から彼の空港ターミナルでの生活がはじまる。
c0019231_20512029.jpg

言葉もわからずお金もないビクターはどうやって生きていくのか?
空港から出られる日は来るのか?
彼の渡米の目的は?

ビクターは祖国が消滅したことには悲しむも、空港を出られない状況にはまったくヘコんでないとこが逞しい。
ベンチ壊してベットにしちゃうし、洗面所で頭洗っちゃうし、勝手に壁ぬっちゃうし。
友達作って、お金儲けして、恋までしちゃう!!!

どうなるのよぉ~と予想がつかないままイッキ見しちゃいました。

トム・ハンクスって全然ファンにはならんのやけど、フォレスト・ガンプやグリーンマイルとか印象深い映画できっちりええ仕事してるのよねぇ。
ちょっと変わり者だけどまっすぐな役がよく似合う。

ヒロインはキャサ・ゼタさん。
男がいなきゃダメな不倫に苦しむスッチー役。
申し訳ないけど、男いなきゃダメな女の人には見えませんぜ。
やっぱMONEYでしょ。マダムぅ~。
[PR]
 

byちかぽん by milla5 | 2005-12-22 21:37 | cinema

オペラ座の怪人

1870年代。パリ。オペラ座。
 
オペラ舞台のリハーサル中、プリマドンナのカルロッタの上に背景幕が落下する事故が起こった。
激怒したカルロッタは役を降りてしまう。
急遽代役に抜擢されたのはバックバレエダンサーのクリスティーヌ(エミー・ロッサム)。
クリスティーヌの歌声は観客を魅了し、舞台は大成功をおさめる。

同時に彼女は幼馴染のラウル(パトリック・ウィルソン)と再会し、喜びの中にいた。

そんな彼女を影から見守る姿が。。。
それは仮面をかぶった謎の怪人:ファントム(ジェラルド・バトラー)だった。
c0019231_22324579.jpg

ファントムは醜いストーカー。最後まで好きにはなれんだろーと思ってましたが、やっぱりラストはちょっとかわいそうに・・・。
クリスティーヌとラウルカップルが普通に微笑ましくて、どうやったってファントム君、不釣合い。(泣)
この映画、ストーリーもしっかりしてますが、やはり絢爛豪華なオペラシーンと俳優達の美しい歌声に圧倒されます。
とくにエミー・ロッサム。
「デイ・アフター・トゥモロー」でも透明感のあるキレイな人やなー。と思いましたが、歌声聞いてビックリ。天は二物を与えてます。美人度5割り増し。(撮影時、彼女は17歳!あの落ち着き、ありえねぇ!)

ミュージカル映画「シカゴ」の良さはイマイチわからんかった私ですが、今回はOK。
クラシックの方が素人にはわかりやすいのかなぁ。
[PR]
 

byちかぽん by milla5 | 2005-12-20 23:03 | cinema

SAYURI

千代は9歳で花街の置屋に売られてきた。
先輩芸者:初桃(鞏俐)の度重なるイジメや下働きのツラさから逃れようとするも両親の死を知らされ絶望の中にいた。

独り涙する千代。
そこに立派な身なりの紳士が声をかけてきた。
『こんな良い日和に泣いてはいけないよ。君のように美しい子が、どうしたのだい?』
紳士は千代に氷菓子をご馳走し、涙を拭くハンカチと小遣いを渡して芸者達と立ち去って行った。

ー運命の出会い。ー
芸者になればあの紳士と又会えるかもしれない・・・。
この日から千代は芸者になりたいと心から願うのだった。。。
c0019231_21593328.jpg

日本人が見ると、そして京都の人が見るとかなーりヘンテコ祇園ではありますが、運命に流されつつも粘り強く心に秘め続けるSAYURIは確かに日本的。
とりあえずキャストは豪華でため息もの。
鞏俐は主演級の存在感だし、楊紫瓊も大物オーラ漂ってるし、桃井かおりが引けをとってないしー。
そう、そんな恐ーい女性陣と反対に渡辺謙さんのやわらかい雰囲気、子役の大後寿々花ちゃんのはかないかわいらしい姿にホッとしたりしてー。
でも大後寿々花ちゃんはもう20年もすれば恐いお姉様方と対等にわたりあえるに違いない。可憐さではすでにチャン・ツィイーに勝つ勢いだったもの!

そしてチャン・ツィイーちゃんはワールドジャパンプレミアの号泣からも一生懸命日本人らしく振舞おうと努力したのがわかります。
c0019231_22445476.jpg

字幕版で見たのだけれど、度々出てくる日本語は外人には意味がわからないと思うが、、、音の響きから雰囲気を出そうとしたのかな?
そして今回はちと翻訳に疑問も・・・。吹き替えも見てみたい。
ま、エキゾチックジャパンは外人にはこういうことなのねんと思いながら見てください。
着物の着方はちょっと下品に思えますが、きっと外国の方にはセクシーにうつってるハズ。

街並みや着物、所作や言葉に気をとられてしまったのでもう一回見てみたい。

あっ、謙さん ご結婚おめでとうござります~♡
[PR]
 

byちかぽん by milla5 | 2005-12-17 22:57 | '05 cinema

義経最終回だけ全部見ました。

ただ今‘義経’鑑賞中。
高校の日本史の先生が義経はチビで出っ歯だったとかゆーてたなぁ。

無表情なイメージだった松平弁慶でしたが・・・いやはやあの涙顔はド迫力でございます。
渡辺いっけいさんは本当に気の小さい役がよく似合う。
静は義経を探し出せなくて湖に身を投げたという話を聞いた気がするんやけど・・・本当のところはどないやったんでしょう?

いつの時代も嫉妬や権力欲に囚われるものなのね。
悲しきかな・・・兵どもが夢のあと。
[PR]
 

byちかぽん by milla5 | 2005-12-11 21:01

ジェット・リー、再婚で愛の意味に気付く

ジェット・リー、再婚で愛の意味に気付く
↑クリック。
「彼女のためなら、名声も成功も、地位もお金もあきらめられる。彼女のためなら、喜んで死ねるくらいだ。それが愛だと気付いたよ」

その愛、ファンにも少し分けてくださいな。

しかしー無邪気と言おうかなんと言おうか・・・。
悪気はないんだろーけれど・・・。
元奥さんや元奥さんとの子供達の気持ちも考えたれよぉ~(涙)
[PR]
 

byちかぽん by milla5 | 2005-12-05 21:16