ジョン・ウー監督の三国志映画で渡辺謙とチョウ・ユンファが共演

ジョン・ウー監督の三国志映画で渡辺謙とチョウ・ユンファが共演~シネマトゥデイより~
~ジョン・ウー監督の三国志映画『ザ・バトル・オブ・レッド・クリフ(赤壁之戦)』(原題)に、渡辺謙とチョウ・ユンファ、トニー・レオンが出演することが決まった。
映画は、日本でも高い人気を持つ三国志の大きな見せ場のひとつである赤壁の戦いにスポット当てた作品となり、渡辺は魏の曹操役にふんする予定だ
蜀の劉備役にユンファが、蜀を支えた軍師の諸葛亮孔明役にレオンがふんし、呉の軍師であった周瑜役にはアンディ・ラウやジェット・リーが候補に挙がっている。
モデルのリン・チーリンも出演し、脚本は『グリーン・デスティニー』のワン・ホリエンが手掛け、撮影は来年3月から開始される予定だ。~

ホンマやったらえんらいオールスター映画になりますえ~。
曹操は私の中で悪者っぽいイメージがあるのですが(NHKの人形劇の影響)カリスマ性のある人物なので、謙さんには堂々と格好良く演じて欲しいなぁ。
しかしトニーさんの孔明・・・確かにぴったりだけど・・・ちぃーっと当たり前すぎるような。
中国では人気の関羽は誰が演じるのやら・・・。ちかぽんはあんまり好きではないのだが。曹操との絡みが多そうなので配役が気になるわん。
とにかく楽しみだぁ!!!でも来年3月クランクインとは先の長い話で・・・。(涙)

赤壁の戦い(せきへきのたたかい)
208年の中国三国時代に魏の曹操の軍(15万)と蜀の劉備・呉の孫権連合軍(推定5・6万)の間で長江の赤壁(現在の湖北省)で起きた戦い。連合軍側の勝利で終わり、
これにより天下3分の形勢がほぼ決まった。
[PR]
 

byちかぽん by milla5 | 2006-09-06 21:19

<< レシピ 【チーズタルト】 スーパー倒産 >>