ダ・ヴィンチ・コード

色んな意味で話題の映画『ダ・ヴィンチ・コード』。
原作読んでない組だったので、「展開はやい」とか「難しい」の声にビビリながらもようやく観賞いたしました。

~パリのルーヴル美術館で館長ジャック・ソニエールが殺害され、その遺体には不可解な暗号が残されていた。
その暗号の中に、ハーヴァード大学教授ロバート・ラングドンの名前を見つけたフランス司法警察のファーシュ警部は、ラングドンに捜査への協力を求めるという口実で彼を現場に連行する。
が、館長の孫娘で暗号解読官ソフィーは、祖父の死の真相を捜査するため、ラングドンを連れてルーヴル美術館から逃亡。
2人の独自捜査によって、何世紀にも渡ってカトリック教会により隠され続けていた、キリスト教世界最大の秘密が暴かれていく。~

どうやらキリストが人間っぽく結婚して子供までいた鴨鴨ってところが物議をかもしてる模様。
私の母校は仏教系のしかも浄土真宗だったので、授業で勉強した親鸞聖人は堂々と妻子アリだったし・・・
お釈迦さんだって奥さんいたしー・・・
と、キリスト教をお勉強してない人にとってはなんてことない事実なんですがーーー。

宗教的なところはサックリスルーして単純に謎解きミステリーアドベンチャーとして楽しんぢゃいましたが、もしかしたら見方を間違ってるのか?>私。
c0019231_21135716.jpg

[PR]
 

byちかぽん by milla5 | 2006-06-23 21:17 | '06 cinema

<< あぁ終わっちゃった・・・。 トランスポーター2 >>