プロデューサーズ

c0019231_1512324.jpgマックス・ビアリストック(ネイサン・レイン)は、今は落ち目の大物の演劇プロデューサー。
新作も初日=楽日になってしまう。
ある日、会計士のレオ・ブルーム(マシュー・ブロデリック)が、帳簿を調べにやって来る。
彼がマックスの帳簿の中に発見したのは、
<出資者から金を集める→ショウがコケる→出資者に配当を払わなくてすむ→プロデューサーが儲かる>
という、失敗作で大儲けする方法だった。

マックスは大金を、レオはプロデューサーになる夢を実現するため「最低の脚本」「最低の演出家」「最低の出演者」を集めるが・・・。

展開はお約束でベタなのですが、結末に行き着くまでのドタバタがハイテンションで面白~い!
c0019231_15261831.jpgとくにこのゲイカップルの濃さと言ったら・・・⇒
でも、さすが舞台俳優。人を惹きつけるしぐさと歌唱はまさにプロ!
本当の舞台を見ているかのようでした。



下ネタ満載でちょークドイ!でもなんとなく品の漂う不思議な映画。 
機会があれば是非♡

[PR]
 

byちかぽん by milla5 | 2006-05-05 15:34 | '06 cinema

<< 中国語講座お勉強ノート5 ブロークン・フラワーズ >>