春の日は過ぎゆく

寒い冬の日、録音技師の青年サンウ(ユ・ジテ)とラジオ局のDJ兼プロデューサーのウンス(イ・ヨンエ)は、番組制作のための取材で初めて出会う。

恋愛経験の少なそうなサンウと、年上で離婚経験があるウンスだったが、ごく自然に恋に落ちた。
やがて春が過ぎ夏を迎える頃、益々のめりこみ結婚を意識するサンウとは逆に、ウンスの態度に変化が表れる。

泥酔して甘えたかと思えば、翌朝はきつい言葉でサンウの優しさを拒絶するウンス。
そして別れを告げては又気まぐれに連絡してくる。
サンウはウンスを忘れることなどできず、激しく苦しむのだった。
c0019231_20263595.jpg

美しき野獣でちょびっと寝てしまった私ですが、一応盛り上げな!という気持ちはあるので、ジテちゃんめあてで「春の日は過ぎゆく」を観賞。

あ゛~、切ない・痛い・怖い・・・。
ご存知「八月のクリスマス」ホ・ジノ監督の第二作。
「八月のクリスマス」はとてもステキな優しい映画で人気も高く(去年山崎まさよしでリメイクされました。)、本作にああいう美しさを求めた人はがっかりしたかもしれません。

でも、私は断然この作品の方が心動かされました。
「八月のクリスマス」は半分おとぎ話を聞いてるような、穏やかな秀作。
だけど今回はリアルに人の感情を表していて、自分の気持ちを絡めて見てしまうため動揺しちゃうのです。

サンウを振り回してしまうウンスはエピソードだけを追って見ると、あっさり心変わりしてしまう悪女である。
しかし、離婚を経験し、永遠の愛を信じる事も受け入れる事も出来ないウンスは、とても悲しい存在なのだ。
ホ・ジノ監督はそこまで親切に説明してくれてないけれど。

女と出て行った夫の帰りをずっと待つ認知症の祖母がふとサンウに言う台詞がグッサリ。
「バスと去った女の後を追いかけてはいけないよ。」
祖母にもわかっているのだ。心変わりした人を待ち続けることがとても不幸だということを。
自分と同じ事をしてはいけないということを。

永遠の愛を信じる純情なサンウの苦しみは痛いほどわかる。
でも人の気持ちは永遠じゃないと信じることから逃れるように行動してしまうウンスの気持ちもわかる気がする。
もしかして又人を一生懸命愛せるかもしれないサンウより、ウンスの方が深刻でツライ。

というわけで、、切ない・痛い・怖い・・・。映画だと思うのです。
[PR]
 

byちかぽん by milla5 | 2006-02-15 21:27 | asian cinema

<< びっくりんp(*゜▽゜*)q 美しき野獣 >>