キングコング

1933年ニューヨーク。
映画監督カール・デナム(ジャック・ブラック)は出資者から見放されたが、「映画の撮影がある」と言って脚本家のジャック(エイドリアン・ブロディ)と劇場が閉鎖されて路頭に迷っていた女優アン(ナオミ・ワッツ)をつれ、撮影クルーと共に航海に出た。
カールは秘密の地図を持っていて、そこにかかれている幻の孤島(スカルアイランド)でかつてない冒険映画を撮り、映画界をあっと言わせたいとの野望を持っていたのだ。

しかし、その孤島で彼らを待ちうけていたのは想像を絶する巨大な生き物たちだった。
c0019231_2143724.jpg
いやぁー見ごたえありました。長いし。
ロード・オブ・ザ・リングの後のピーター・ジャクソン監督作品だし、えらいお金かかってる映画だし、、、ということで色々な感想があるみたいですが、ピーター・ジャクソン少年がワクワクして観た様子が感じられる出来にはなってると思います。

奥の恐竜と手前の人間のあきらかに別撮り風の演出も、ジャクソン少年が観た時の雰囲気を残したかったんだろーなぁ。
リアルな恐竜の動きに対し、登場人物の動きと精神力はありえねぇー!の連続です。とにかくこの映画に出てくる人に臆病者は1人もおりませぬ。
こんなに勇敢な大人たちを見て育った子供達はまっすぐ成長するに違いない。との願望をもって観てしまいましたわん。
c0019231_2213225.jpg
ジャック・ブラックはちょい悪役だけど、スクール・オブ・ロックの時とは又違う情熱家を好演。憎めない。
対してエイドリアン・ブロディは勇敢すぎる役柄にどうしても馴染めず・・・(´^`)
いの一番に逃げ出しそうぢゃない?
こんなことする人だってバレちゃってるんだもの。⇒

凶暴なキングコングは、最後にはみんな彼に感情移入しちゃう名演技です。
結果がわかっているので、途中からはせつなくなります。
c0019231_22221652.jpg知らない土地で、愛する人と一緒にいるために戦い続けるキングコングの姿を観てるうちに、朝青龍関を思い出しました。

強い人に一途に守ってもらえるっていいわねぇ。("▽"*)
[PR]
 

byちかぽん by milla5 | 2006-01-08 22:25 | '06 cinema

<< パッチギ! レシピ 【超簡単レアチーズケーキ】 >>