ターミナル

ビクター・ナボルスキー(トム・ハンクス)はニューヨークJFK国際空港に降り立った。
しかし入国審査でとめられてしまう。
彼の祖国:東欧のクラコウジアでクーデターが発生し、国が消滅状態。=パスポートが無効と判断されたのだ。

空港警備局主任のディクソンは彼の置かれた立場《入国も出国もできない》を説明するが、言葉のわからないビクターは‘名前’と‘行き先’と‘YES’を繰り返す。

この日から彼の空港ターミナルでの生活がはじまる。
c0019231_20512029.jpg

言葉もわからずお金もないビクターはどうやって生きていくのか?
空港から出られる日は来るのか?
彼の渡米の目的は?

ビクターは祖国が消滅したことには悲しむも、空港を出られない状況にはまったくヘコんでないとこが逞しい。
ベンチ壊してベットにしちゃうし、洗面所で頭洗っちゃうし、勝手に壁ぬっちゃうし。
友達作って、お金儲けして、恋までしちゃう!!!

どうなるのよぉ~と予想がつかないままイッキ見しちゃいました。

トム・ハンクスって全然ファンにはならんのやけど、フォレスト・ガンプやグリーンマイルとか印象深い映画できっちりええ仕事してるのよねぇ。
ちょっと変わり者だけどまっすぐな役がよく似合う。

ヒロインはキャサ・ゼタさん。
男がいなきゃダメな不倫に苦しむスッチー役。
申し訳ないけど、男いなきゃダメな女の人には見えませんぜ。
やっぱMONEYでしょ。マダムぅ~。
[PR]
 

byちかぽん by milla5 | 2005-12-22 21:37 | cinema

<< 香港国際警察 New Poli... オペラ座の怪人 >>