セブンソード

c0019231_1520598.jpg
時は1660年代。清王朝は復明反乱軍鎮圧の為に禁武令を出していた。
風火連城(孫紅雷)は明王朝残党狩りの名目で中国の北西部一帯で略奪を繰り返していた。



彼の次のターゲットは武荘という集落。
村人の武元英(楊采[女尼])と韓志邦(陸毅)は風火連城の手下から命を救ってもらった老人:(劉家良)と共に武荘を守るため助っ人依頼に“天山”へ向かう。
こうして天山に向かった3人と天山にすむ4人の剣士が集結し“七剣”として武荘へ戻ってくるのだが・・・。
c0019231_15524335.jpg
あ゛~恐かった~。
ちゃんと場所・年代がはっきりしてますが、ワンチャイみたく中華中華してるわけでなく、むしろブレード刀の無国籍ワイルドな雰囲気。
HEROよりも強く、LOVERSよりも美しく・・・ってコピーやったけど、ワイヤーが少ない分チカラ強さは勝ってたかもしれません。美しさは・・・全然勝負してないよーな・・・。
ただ、キーとなるアイテム“剣”には相当凝った様子が伺えます。
見た目にも美しく、そして双手剣あり、剛剣あり、繊細な剣あり・・・キャラクターを楽しむようにアイテムを楽しむことができます。
個人的には剣士とは関係ないけど画像↑にも入れちゃった空とぶギロチンに引っかかってしまったマニアな私・・・。
徐克さん、黒澤監督の“七人の侍”にオマージュを捧げる作品と(日本向けか?)おっしゃってますが、、、確かにストーリーは近い。でも、、、↓ネタバレ(反転してね)
結局最後に残ったのが七剣士と子供達だけってのはどーなん?ほぼ守れなかったってことですか!
徐克・甄子丹・熊欣欣・・・と言うメンバーなので期待したとおり!ワンチャイ天地大乱を思い出させる壁ツタイアクションににんまり。
ファンとしては「あぁ、あれが甄子丹さんぢゃなく李連杰だったらなぁ。」と一瞬思いましたが、いやダメダメ連杰にあんな色っぽい役は無理。とすぐに悟ったちかぽん。
甄子丹さんは立派に恋愛ものもこなせる役者さんなのでしたー。
[PR]
 

byちかぽん by milla5 | 2005-10-02 16:30 | '05 cinema

<< SIN CITY 頭文字D >>