下妻物語

見渡す限り田んぼばかりの茨城県下妻市。
おフランスのロココ時代に生まれたかった?桃子(深田恭子)の生きがいはお洋服。
代官山まで2時間半かけてお買い物をする根性の持ち主。
そんな桃子の前に、真っピンクの改造原チャリに乗った地元レディース:イチゴ(土屋アンナ)が現れる。

他人を必要としたことがなく、実際友達が1人もいなくても自由気ままに生きてきた桃子には、無駄なまでに“熱い”イチゴの行動が理解できず、話もかみ合わないのだが・・・。

ちょっと大げさだけど楽しい映画。 
主人公以外のキャストも大暴れ!細部にわたりギャグやり放題!途切れる場面がありません。
その上ちゃーんと桃子ちゃんの成長物語になってるし。
全てのキャスティングが見事なんだけど、なんと言っても深田恭子ちゃん。ハマリ役。
“見た目が大事。”
“貸したものは戻ってこない。だからほんとに大切なものは貸さない”
が信条の嫌な女の子のハズなのに・・・なんとも魅力的。♡
最後は夏目雅子バリの啖呵きってくれます。びっくり。
あぁ、ちゃんとした女優さんになったのねん。と的外れな感想を抱いたりして・・・。
c0019231_2211110.jpg
ふう~んかわいいわねぇ。と思って観ていたけれど、観終わった後は
頭の中を“尾崎豊”リフレイン。ぬ~すんだバイクで~走りだすぅ~
ちょっとハマってるんちゃうん!!!>私。

[PR]
 

byちかぽん by milla5 | 2005-09-07 22:01 | cinema

<< 今日、9月9日は マルチュク青春通り >>