ディナー・ラッシュ Dinner Rush

サスペンスなのに2回も劇場に観に行ったお気に入り映画です。
ニューヨーク トライベッカにある人気イタリア料理店“ジジーノ”が舞台。
とにかく登場人物のキャラがはっきりしていて魅力的!

・オーナーは昔かたぎで包容力に溢れたゴッドファーザー。
料理長である息子が伝統的なメニューをはずし、批評家をターゲットにしたトレンディな料理で店を繁盛させていることが少々気にいらない。

・従業員も個性的!
料理の腕はピカイチだけど、ギャンブルで破滅しかけている副料理長。
気の強いウエイトレス兼アーティスト。
モテモテのアジアンビューティウエイトレス、ゲイのウエイター。
客からのクイズにすべて答えてチップを巻き上げる雑学王のバーテンダー。

・客も濃いぃ(+o+)
若手アーティストを引き連れてパトロン気取りのギャラリーオーナー。
料理長と関係を持ち、引き換えにいいコメントを残す女性評論家。
オーナーが密かに思いを寄せるシングルマザー。
ジジーノを乗っ取ろうとたくらむマフィアの二人組み。
謎の証券マン。etc etc・・・。

そんな個性豊かな面々が一堂に会してワイワイガヤガヤ!停電しちゃうわ殺人あるわ!
テンポがあってオサレ。面白ーーーい!
そして鮮やかなラスト。物凄い衝撃&余韻が楽しめます。

オーナーのダニー・アイエロの存在感は本当に格好いい。
思わず“カイロの紫のバラ”や“レオン”を借りに行きましたやん。
そして息子役のエドアルド・バレリーニ。
私はこの映画で初めて見たのですが、瞳が危険そうで印象的。
ロミオ・マスト・ダイや24のあのちょっといい男で悪役の彼です。

1年に一回でいいのでこーゆー余韻の強い映画に出会いたいもんどすぅ。
c0019231_22115320.jpg

[PR]
 

byちかぽん by milla5 | 2005-07-25 22:12 | cinema

<< 獅童お見事!上海でジェット・リ... またまた中国電影情報 >>