ネバーランド

ジェームズ・バリが「ピーターパン」のモデルとなった少年と出会い、その物語を完成させるまでを描いた人間ドラマ。

1903年ロンドン。
劇作家ジェームズ・バリ(ジョニー・デップ)は新作の評判が芳しくなく行き詰まっていた。
そんな中、愛犬と出かけた公園でシルビア(ケイト・ウインスレット)と4人の息子達に出会う。
ジェームズは、父の死をきっかけに子供らしさを失い、はやく大人になろうとしている三男ピーターに関心を寄せる。
彼はピーターに空想の世界で遊ぶことの楽しさを伝えようとするが・・・。

実はピーターパンのお話、あんまり知らないんです。純和風な家に育ったもので・・・^_^;
かわいいファンタジーが生まれた背景にこんな悲しく美しいお話があったとは・・・。
現実は厳しい。けれど絶望するのではなく、夢を持って生活することが大切だと訴えているようでした。

この映画、ジェームズを才能ある魅力的な人だと感じるか、子供っぽい自分勝手な人だと感じるかで評価が真っ二つにわかれそうです。
私は・・・試写会でタダだったので十分楽しめましたが。オイオイ!

映像がやわらかく美しいし、ジョニデは最近では珍しく上品なイデタチだし、暖かい午後、紅茶なんかを飲みながらのんびり優雅にNHK系列の映画番組で観たい作品って感じでしょうか。
あ゛ーそんな優雅な暮らしがしたーいーーー!!!
c0019231_20415876.jpg

[PR]
 

byちかぽん by milla5 | 2005-01-04 21:06 | '05 cinema

<< カンフーハッスル cinema index >>