たったひとつのたからもの

ダウン症で心臓疾患も持って生まれてきた秋雪君の6年間という短い生涯のお話。

絶対泣くとわかっているものは以前は決して手を出さなかったのだけれど、たまには素直に泣いてみるのもいいかなーと見てみることに。
母親役の松田聖子ちゃんの演技はぎこちないところが多々有り。
でも泣きの演技は熱がこもっていてこちらもぼろぼろ。“嘘泣き”ではなかったです。
やっぱりおかあちゃんなのだわん。
また、主題歌の【言葉にできない】(オフ・コース)がなんとも美しい。

一番胸に痛かったのは秋雪君のパパの上司の言葉。
彼も難病の娘を抱えており、長く海外に入院させてまで治療をしたのに、結局助からなかった次の日の夜、、、
「金儲けのためにだけ働いてきた・・・
娘の治療費と離婚した女房の慰謝料を含めると使った金は2億円。ちょっとした額だろ。」

(娘が死んでしまって)
「これで俺はフリーだ。もう空だって飛べる気分だよ」
と淋しそうに語るセリフです。
そして彼は会社を辞めた。娘のために働くことが彼の生きがいだったのだ。

私は自分のためにだけ生きている。けれど、誰かのため、何かのために生きるのが本来の人間の生き方なのかもしれない。なんて考えてみたりしました。

秋雪くんは6歳になっても歩くのもやっとだし、言葉も話さない。
だからよりいっそうその笑顔は天使のようにかわいらしい。
両親の愛情を一身にうけ、確かに秋雪君は幸せだったに違いない。
b0013423_13123497.jpg
ドラマの中にもあったけれど、
喜び・悲しみの量は皆同じで、短かければそれだけ凝縮している。
人の幸せは、命の長さではないのです。
そう思いたいなぁ。
[PR]
 

byちかぽん by milla5 | 2004-12-29 21:26 | cinema

<< 拳神 フルタイム・キラー >>