七人の侍

戦国時代、あいつぐ戦乱とその戦乱が生み出した野武士の横行。
ひづめの轟が農民の恐怖の的だった・・
の文字オープニング。
山間の小さな農村では収穫後に米や麦、女たちまで奪いにくる野武士に頭を悩ませていた。このままでは皆首をくくるしかない。
なんとか村を守ろうとわずかな米と引き替えに侍を雇うことにする。。。
いやぁ面白かった。
日本映画といえば「七人の侍」っていうくらい有名な映画だったので一度見てみたかったのだけど、やはりハラハラドキドキ!これは欧米人に支持されるはずだわ。
登場人物のキャラクターが、熱かったりとぼけていたり小心者だったり、、バラエティに飛んでいて笑いも、当然涙もあるのだ。
侍七人を選ぶ過程→作戦を練る過程→皆が一致団結する過程→野武士襲来のクライマックス。
小さな見所がいくつもあってクライマックスへの期待が高まる。
一見、侍と農民が団結して敵をやっける勧善懲悪もののようだけど、終わり方は実はシュール。ちと長いけど、観て良かったぁ。
[PR]
 

byちかぽん by milla5 | 2004-12-29 21:12 | cinema

<< レシピ 【カスタードプリン】 レシピ 【たまねぎドレッシング】 >>