コンスタンティン

c0019231_20363626.jpg見えないものが見える能力の持ち主:コンステンティン(キアヌ・リーブス)は一度自殺を図っており、地獄行きが決まっている。
そして長年の喫煙から肺がんとなり、余命1年の宣告を受けていた。
自分の能力を呪いながらも何とか地獄行きを逃れたいと一縷の望みを持ち、人間界で悪事を働く悪魔どもを地獄へ戻すエクソシストの活動をしている。

いつものように悪魔祓いをした彼だが、得体の知れない不安を感じる。
天国、人間界、地獄の均衡を破壊しようとする企みが進行していたのだ。

初っ端からの衝撃シーンにまずびっくり!
スピード感があり、ハラハラ・ドキドキ!グロくて気持悪さがリアルで・・・とにかく映像の迫力がスゴイ!
そしてお色気シーンはナッシング!寸止めがこれまた良いのだ。
ちょっぴりダークだけれどまさしくアメリカンコミックヒーローの世界!
コワイのは苦手ですが、(かなりコワイです。)最後はスッキリさせてくれたので◎。

マトリックスと比較されがちな本作。突っ込みどころも多いながら、私はこちらの方が好みです。
(突っ込みどころが多いからこそ好みだとも言う。)
ただ、キリスト教的天使や悪魔のエピソードを幾らか知っていた方がより楽しめたかもしれません。

最後の音楽と共に帰る人が多かったのですが、エンドクレジット後に映像があります。
知らせてあげたい衝動にかられたけれど、結局大劇場で大声出す勇気はなかった私。


割と重要なワンシーンですので是非お見逃しなく!
見逃してしまったわ~気になる~!って方は↓反転してください。(ネタバレ☆)
助手チャズの墓の前にやってきたコンスタンティン。
墓の上に件のライターを置き、『よくやった。』と労いの言葉をかけ背を向ける。
その時、コンスタンティン越しに翼の生えたチャズが墓から羽ばたいて行くのが見える。

という映像でした。
チャズは天使やったんか?と私は思いましたが、色んな解釈があるようです。
続編へ期待。

[PR]
 

byちかぽん by milla5 | 2005-05-05 20:49 | '05 cinema

<< コーラス 獨臂刀 >>