インファナル・アフェアⅢ

ヤン(梁朝偉)の死後、ラウ(劉德華)は自分がサム(曾志偉)の手下であった証拠を隠すため
他の潜入マフィアを始末しなければならない。
そんなラウの前に現れたのが保安部のヨン警視(黎明)。

ラウはヨン警視がサムの大陸での取引相手シェン(陳道明)と接触している事を知り、
マフィアの潜入ではないか、と彼を監視し始める・・・。

いやぁ~とっても、難しい・・・。正直、前半は何がなんだか・・・。
けれど、後半はラウが精神的に追い詰められていく様子が鬼気迫ります。
善人として生きたいという強い思いが自分自身を否定していくのだ。
まさに無間道。
Ⅰの終わり方でも良かったけれど、やはりⅢの結末も必要なのだと思う。そうでなくては。

今回、俳優陣はそれぞれがかなりいいお仕事なさってます。
誰が濃くて誰が薄いってことがなかった。単純な私はまんまと黎明、陳道明に騙されたしー。
黎明はあの無表情が今回かなり良かったなぁ。しかし、、、無表情と言えば・・・
陳慧琳はどうなんやろう。あんなに色気のないキスシーンって・・・必要なん?
c0019231_2144377.jpg
[PR]
 

byちかぽん by milla5 | 2005-05-01 21:10 | '05 cinema

<< 獨臂刀 天国の階段 第14話 ~涙の山荘~  >>