片腕カンフー対空とぶギロチン 

時は清朝。
盲目の僧侶:封神は、空飛ぶギロチンという恐ろしい武器の達人。
反政府勢力制圧の為に派遣した弟子二人が片腕拳士に殺されたと知り、敵討ちを決意。
その折、鷹爪拳道場が他流試合を行うことになり、そこに集まる復明の残党を一掃しようと
政府は封神や他の刺客を送り込む。
片腕ドラゴンこと兪天竜(王羽)は、何も知らず勉強のためだと弟子を連れて試合を見に行くが・・・。

キルビルがヒットしなければDVD化されなかったかもしれないこの作品。
感想は いやぁ笑かすぅ!!! だ。
他流試合は武術大会とゆーより世界面白人間コンテスト!
踊りまくるムエタイ戦士、腕が伸びるインド人。無刀流と言いながらこっそり刀使うインチキ日本人。c0019231_13343047.jpg
戦いのアイデアも子供の頃に喜んでみていた仮面ライダーやレインボーマンのノリ。
空とぶギロチンは内側に刃がついた帽子型の回転ノコギリ(鎖がついててヨーヨーみたいに投げる)。
主人公の片腕ドラゴンも軽い籠のふちのところをつつつーーーと軽ーいタッチで歩いてゆき、同じく壁も天井もつつつーーーと!
恐るべし“気”の力。何でもあり!

いやぁ笑かすぅ!!!ではありますが、きっちり最後まで楽しめました。
とうとうジミー先生作品にまで手を出して・・・。ちょっとマニアな感じも・・・どうしよう?c0019231_13381872.jpg
[PR]
 

byちかぽん by milla5 | 2005-04-24 15:31 | asian cinema

<< スマスマ☆サンウ 天国の階段 第13話 ~友情の証~  >>