アイ,ロボット

2035年・シカゴ。ロボットとの共存が当たり前となった時代。
ロボット工学第一人者のランニング博士が殺害された。
シカゴ市警のスプーナー刑事(ウィル・スミス)は、捜査を開始し、容疑者は最新型NS-5型ロボットのサニーだと主張するが、全てのロボットには「三原則」が適用されているはずであり、そのため人を傷つけることは絶対にありえないと、誰も信用しないのだが。。。

もっとコメディっぽいお話かと思いきやシリアスでかっちょいいウィル・スミスが拝めます。
あれだけ‘脱ぐ’ってコトはかなり自信があるに違いない。ウィル・スミス好きとしては観とかないと。
実はインデペンデンス・デイの時から好き。
インタビュー聞いてると陽気な兄ちゃん風だけど、映画の中ではめちゃくちゃ男らしくて頼もしい。きゅんっ。
アクションもかなりイケてます。
実はとてもストイックな人なのかもしれない。
お話は人間とロボットの共存について。
30年後にあんな世界になってたら・・・
ロボットと友情を深める!?それは心温まる話なんだろか・・・シュールで寂しい話なんだろか。生きて確かめねばねば。c0019231_16353016.jpg
[PR]
 

byちかぽん by milla5 | 2004-12-26 16:36 | cinema

<< いま、会いにゆきます LOVERS >>