ビッグ・フィッシュ

ファンタジーと現実を織り交ぜて話す父とそんな父を嘘つきだと軽蔑する息子。
ジャーナリストのウィルとジョセフィーンの結婚式で、ウィルの父親エドワード(アルバート・フィニー)はウィルが生まれた日に釣った巨大魚の話をはじめるが・・・。

監督はシザー・ハンズ等で有名な鬼才ティム・バートン。
シザー・ハンズはマイベスト!って方も多そう。
本作はギクリとしたり皮肉に感じたりする場面もなく、ファンタジー色が濃いです。
ほのぼの、じんわりと温かくなります。
しかし、ガサツで現実的で比較的冷静なタチに育ってしまった私はティム・バートンの映画ってものすごーくいい映画だって思うけど、ベストにはならんのだなぁ。
見回すとみんなダーダー涙流している中、なぜだか泣けなかった私。
良かった?と聞かれればもちろん「良かったよぉ」と答えるし、実際そう思うのだけど~~~でも恥ずかしながらイマイチ理解できていない気がするのよね。う~んもどかしい!
本作や不思議の国のアリスみたいなファンタジーの世界が十分に理解できて、なおかつ『スキっ』って感じられるセンスのいい女の子が羨ましくってたまりません。c0019231_16233662.jpg
[PR]
 

byちかぽん by milla5 | 2004-12-26 16:20 | cinema

<< トロイ フィルモグラフィー >>