ブラッドブラザーズ 刺馬

今回はめちゃネタバレです。ってかお話全部書いてます。
長げーよ!と怒られそうです。
そしてコメントがちょっとおっさん入ってます。(いつもは違うのよ☆)
ご注意を。

清朝時代の“馬新貽総督刺殺事件”を題材としたお話。
総督府にマー提督を殺害した罪でチャン(姜大衛)が連れてこられた。
チャンはマー提督とのいきさつを告白する。




武術に自信のある若いホアン(陳觀泰)、チャン(姜大衛)兄弟は山賊だったが、ホアンの妻ミラン(井莉)と三人で楽しく暮らしていた。
9年前のある日、通りがかりの一人の男に襲い掛かかるも、相手の方が腕が立ち、失敗。
お互いの力を認め合い、3人は義兄弟の契りを結ぶことになる。
その男こそマー(狄龍)であった。
c0019231_20205426.jpgマーは野心家で、その上才覚もあった。
三人は武術の腕をいかし山東省の山賊のアジトを襲う。
計画は成功。山を占領し、多く弟子を作ることができた。
ホアン、チャン兄弟は、金や弟子を手に入れ飲めや歌えの大騒ぎ。
しかし、志高くストイックなマーは役人登用試験の勉強と弟子達の鍛錬に余念がない。
ホアンの妻ミランは、次第にそんなマーに恋心を抱いていく。。。

そしてマーとミランが二人っきりに。ミランがよろけて川の中へ。
あわてて飛び込み助けるマー。ずぶぬれの二人・・・。怪しい雰囲気・・・。
(おおっと不倫メロドラマなのかぁ?)

突然マーが役人登用試験のために山を降りると言い出した。
試験にはまだ早い。沈むミラン。それを見て怪しむチャン。
(でも肝心のホアンはおめでたい事になーんにも気づかない。)

2年後、出世して将軍なったにマーから手紙が届く。自分の軍に義兄弟、弟子達を迎えるというのだ。
喜ぶ弟子とホアン、チャン、そしてミラン。
(ミランは使者に「彼の奥様はやはり名家のお嬢さんなの?」などとこっそり聞く。
彼はまだ独身だと聞き、さらに喜ぶミラン。あんた人妻よ!)

しかし使者から、ミランは女性なので陣営には呼べない。南京に家を用意してある。 と言われる。落ち込むミラン。
陣営で再会したマーは昔のようにフレンドリーではなく、ちょっと偉そうになっていたが、ホアンもチャンも誇らしく思うのであった。

義兄弟、弟子達を得たマーはますます快進撃を続け、提督にまでなる。
(弟子達もちゃんと軍の制服もらってるのに、ホアンだけ上半身裸のまま。監督の趣味?
そして切られた人がごろごろごろと転がる。坂でもないのにごろごろごろ。明らかに自分の力でごろごろごろ。しつこいくらいごろごろごろ。これも監督の意向?)

戦いのあと義兄弟たちは南京へ。
会いたかった~!!!とばかりにミランを抱きしめるホアン。しかし、ミランが会いたかったのはマーなのだ。
抱き合う姿をマーに見られていることで気が気でないミラン。(だから、あんた人妻なんだって!)
抱き合う二人を見つめるマー。またそれを見て怪しむチャン。(弟の方が思慮深いのだ。)

マーの部屋に入ってくるミラン。二人は手を取り合う。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
(あーあ。やっちゃった。)

チャンがマーの部屋に入ると、ホアンがミランに送った髪飾りが落ちていた。
もしや・・・・・。そしてマーの寝室から出てくるミランを目撃してしまう。

ホアンの方はミランの少々冷たい態度の為か、酒と女遊びがすぎていた。
側近がマーに告げ口を・・・「悪評はあなたの将来にひびきます。」

マーはチャンが任務で留守の間にホアンを山賊の制圧に向かわせる。
側近を同行させ、ホアンを殺すつもりなのだ。

そのことを知ったチャン。先回りして兄にマーとミランの密通を知らせ、逃げるよう告げる。
しかし、マーとミランを信じるホアンは取り合わず、「お前こそミランが好きで、相手にされない腹いせにそんな事言うんだろう!」怒る始末。

結局ホアンは殺され、チャンはマーに復讐することになる。激闘のすえ、マーは殺害される。
総統府で全てを告白したチャンは処刑。 (しかも心臓えぐり出し!)
えげつないことに周りの人間は笑顔で心臓えぐり出し処刑を見ている。
ミランはなすべもなくたたずむ・・・。ハリウッドでは考えられないラストで終劇

この狄龍、めちゃくちゃ格好いいです。
真の男は地位と名声を求めるものだ。 野心家は立派な人生を手に入れる。と
甘くきりりとしたキレイなお顔にムキムキの身体(結構露出してます。たぶん監督の意向。)をピシッと伸ばしてゆったりと話す姿は夢に出てきそう。(^¬^)
あんたやったら何も人妻やなくても・・・。
誰が悪いっちゃあミランでしょ。そりゃあマーの魅力に比べるとホアンは短気で単細胞だけど、、、あんた人妻なんだから!しかも夫の義兄弟なのよ!
ストイックなマーを誘惑しといて、マーがホアン殺しを命令したと知ってちょっと引いたやろ!
あんたの為に監督お気に入りのムキムキ二人が死ぬはめになったんやで!
(いや、お気に入りを死なすのは監督の好みかも。)
ミランに出会わんかったらマーには明るい未来が開けていたのに・・・。
無敵マーの最大の弱点がヲンナやったとは、なんか悔しい・・・。
ヲンナには気をつけろ!それが言いたかったの?張徹監督ぅ!!!
何キレかけてんの?私。(笑)
刺馬とは馬を刺し殺す。⇒マー(馬)殺し。と言う意味です。
[PR]
 

byちかぽん by milla5 | 2005-03-21 20:11 | asian cinema

<< 大酔侠 ロング・エンゲージメント >>